アナル拡張と改造のために / アナルマニアックス

キシロカインとリンゴでアナル拡張は可能か?

キシロカイン

一部マニアの間では馴染みがあるお薬の名前にキシロカインというものがあります。
これはいわゆる麻酔薬の一種であり、さすがにキメセクに使うようなヤバい薬ではありません。

なので麻酔薬としては優秀とされているこのキシロカインを用いてアヌスの感度を下げ、普段は入らない規模の巨大異物をアナルに挿入しようと試みる人が居るそうです。
一種の都市伝説の域を出ないそのような限界突破アナル拡張ですが、実際にこのようなアナル拡張が一般人には実現可能なのでしょうか?

ズバリ答えとしてはそもそもキシロカインは医師だけが使って当たり前のものなので、これを素人がどこかから手に入れてアナルセックスやアナニーに使うのは現実的ではありません。
しかも強力な麻酔薬を使ってじっくり拡張できていないケツ穴に大きな異物を挿入するなんて素人が考えても危険ですし、なにより市販の浣腸駅以外の薬品に頼ってアナル開発をしようという発想自体が突飛すぎます。

リンゴ

ゆえにアナル拡張をこれから楽しんでいこうと考えている初心者はもちろん、アナニーに慣れてきてもっと強い刺激が欲しいと考えている方も、キシロカインの使用や過激な異物挿入について検討するのはやめておいた方が良いでしょう。

あくまでアナルオナニーやアナルセックスは排泄器官を用いたアブノーマルなプレイであることを忘れず、マイペースで安全重視のプレイを楽しんでいくようにしましょう。
そしてできれば自分ひとりであれこれ挑戦して怪我の可能性を増やすくらいなら、アナニーの先輩やアナル調教に長けた女王様と出会ってより気楽にできるアナル調教を楽しんでいきましょう。