アナル拡張と改造のために / アナルマニアックス

外陰炎|がいいんえん|vulvitis

外陰炎(がいいんえん)とは、外陰部に痒み、腫れ、痛みなどの症状が出ることで、
膣炎と合併して発症することが多いのが特徴です。膣炎との関連が深いですので膣炎についても簡単に触れておきます。

膣炎とは、性器の痒み、おりものの増加、性交痛、出血、腫れなどの症状が出ることで
カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、トリコモナスなどに感染することで発症します。
タンポンなどの整理用品や避妊具の出し忘れが原因で膣炎が発症する場合もあります。

感染の可能性

先にも述べたように、外陰炎は膣炎と併せて発症することが多いですので、
膣炎の原因が外陰炎の原因と考えても差し支えないでしょう。

従って、カンジダ、大腸菌、ブドウ球菌、淋菌、トリコモナスなどの感染、
または生理用品や避妊具の出し忘れ等が主な原因と考えられます。

不衛生な状態が続くと菌の繁殖を促す結果になり、外陰炎や膣炎発症の原因となります。

感染から発症まで

外陰炎が発症すると外陰部に痒み、腫れ、痛みなどの症状が出ます。
ひりひりとした痛みや、外陰部に熱っぽさを覚えます。特に歩くときなど
外陰部がこすれ合うときに感じ、排尿時にはさらに強い痛みを感じることがあります。

ひどい場合は膿が出てくることもあります。外陰炎が慢性化してくると、
外陰部の皮膚がぶ厚くなってしまったり、常に湿り気が強くていつまでも
痒みが止まらなくなってしまいますので、慢性化しないためにも不衛生な状態を作らないことが大切です。

外陰炎の治療法

抗菌剤の内服、塗布による治療が一般的です。炎症がひどくなり膿が溜まっている場合は
患部を切開して膿を出すこともあります。外陰炎も性感染症の一つですから
パートナーの検査、治療も考えなければなりません。

外陰炎の検査方法

外陰部の腫れや、おりものの量や質を見ることで検査します。
細菌の感染により発症した可能性がある場合は、外陰部またはその周辺の菌を顕微鏡で観察したり
培養することにより原因を突き止めます。検査キットも販売されていますので、
医師による診断に抵抗がある人は検査キットによる検査も考えてみてください。

タグ: , , |最終更新日:2011-09-07

おすすめアナル開発サイト

女装子ねっと

アナル 出会い

メスイキやアナル拡張に興味ありな女装男子におすすめ。女装子いじめが大好きな女王様に犯されてアナニーよりも強力な快楽と完璧なメス化を体験しましょう。

やさしいSM倶楽部

SM 出会い

アナル開発初心者におすすめのやさしいSM専門サイト。丁寧で刺激的な調教でアナル拡張が楽しく進められます。

全国奴隷ファイル

アナル 出会い

マゾ女が集うマニア向けサイト。お尻を犯してもらいたい系女子もたくさん居るから、AFに興味ありな殿方すべてにお勧めです。

特選!おすすめ変態ブログ

Copyright(C) 2005 - 2018アナル拡張と改造のために / アナルマニアックス All Rights Reserved.